教会結婚式の順序とマナー

聖堂内の正面の祭壇に白い花が飾られ、祭壇に向かう中央の通路には純白の布が敷かれます。

この白布の通路をバージンロードと呼び、新郎新婦、媒酌人(証人)、新婦の介添人以外は踏むのをゆるされません。

バージンロードの右側が新郎側、左側が新婦側の席で、前列から、家族、親族がすわり、あとは列席者が適当に着席します。

プロテスタントの教会結婚式はつぎの順序で行なわれます。

(1)前奏、新婦入場(2)司会者式辞(3)賛美歌(429番または430番)(4)聖書朗読(5)祈薦(6)誓約(7)指輪の交換(8)祈疇(9)結婚の宣言(10)賛美歌(四二八番)(11)新郎新婦退場(12)一同退場

JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース

このブログ記事について

このページは、-が2017年12月15日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「披露宴席上の花嫁のマナー その2:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

次のブログ記事は「婚約披露パーティーとその進め方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。