家具や住宅の費用 その2

まず、2DKのアパートを新たに借りる場合には、三十万円から四十万円は必要です。

それに必要な家具や電化製品をそろえるのに、八十万円はかかるでしょう。

これだけでも、もう百万円になりますし、二人でゼロから始めるとしたら、この位のお金は用意しておきたいということです。

ですが、どちらかが住んでいる部屋から出発することもできますし、公団住宅をねらう手もあります。

家財道具も、ナベカマや食器類などの必要最低限のもので我慢することもできるでしょう。

結婚してから、買いそろえてもよいのです。

要は、二人で、ほしい家財道具をリスト・アップして、必要な費用を検討することです。

納得して住める部屋なら、どんなにつつましいものでも、きっと満足できるはずですから。



JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース

このブログ記事について

このページは、-が2018年1月16日 05:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家具や住宅の費用 その1:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

次のブログ記事は「婚約解消のあとで:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。