電話をかけるときの注意点 その1

・名前を名乗る
相手を確認する通常は、電話の受け手が自分たちのことを「○○株式会社でございます。」と名乗るものですが、もし名乗らないときには、こちらを名乗り、先方を確認します。

「○○株式会社営業の○○でございます。

○○課の○○さん いらっしゃいますでしょうか。」


・取り次ぎの依頼
ダイヤルインで、直接に相手の人がでないときには、用件のある人に取り次いでもらうのですが、その人に手間をとらせるのですから、ねぎらいの言葉を必ず入れておくことです。

「恐れ入りますが○○課の○○さんをお願い致します。」


・あいさつ
本人が電話に出たときには、自分の会社名と名前を名乗った後に、簡単なあいさつをします。

通常よく使われる言葉は次のとおりです。

「いつもお世話になっております。」
「毎度ありがとうございます。」

初めて電話で声を交わすときでも、以上のあいさつは用いられます。



JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース

このブログ記事について

このページは、-が2018年4月 6日 10:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「注意の受けかた~叱られたときのタイプ:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

次のブログ記事は「電話をかけるときの注意点 その2:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。