独立開店の挨拶状の書き方、例を紹介します:JDPホールディングスの関連ニュース

独立開店の挨拶状

拝啓
仲秋の候、ご一同様にはいよいよご健勝のこととお喜び申しあげます。

さて、私こと、郷里○○市の高校を出ましてから、今月まで十余年間、東京○○の○○堂書店に勤務してまいりましたが、このたび、円満に退店し、来月一日から左記の所にささやかながら小売書店を開くことになりました、菲才未熟の身ですが、幸い、このあたりは東京のベッド・タウンとして、今後の発展を約束されておりますので、誠心誠意努力すれば、多少の業績をあげることができるのではないかと存じております。

ここに、○○堂書店在勤中のご厚誼に対し、あつくお礼申しあげますとともに、今後、倍旧のご支援ご指導を賜わりますよう、お願い申しあげます。

書中略儀ながら、右ご挨拶まで申しあげます。

敬具




JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース

このブログ記事について

このページは、-が2018年8月 8日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社創立の挨拶状の書き方、例を紹介します」です。

次のブログ記事は「ご支社長転任の挨拶状の例文を紹介します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。