披露宴席上の花嫁のマナー その2:JDPホールディングスの関連ニュース

会場をつねにキョロキョロ見まわす花嫁。

反対に、どっしりと落ちついて隣りの花婿をつついたり、ペチャペチャ話をする花嫁は、はしたない感じを与えます。

また、遠くの席にいる親友に、意味ありげにウインクしたりしても、満場の視線が集中しているのですからすぐにバレてしまいます

ドレスの花嫁は、乾杯、ケーキ入刀、食事のときは手袋を外してテーブルの上にそろえて置きます。

立っているときは仲人夫人にあずけます。

和服のときは扇子を右手に持ち、左てのひらで扇子の上の部分を押えるように持つのが正しく、食事のときや、裾をかいとるときには帯にはさみます。

帯の左には懐剣がはさんであるので必ず右へはさみます。

どんなに暑くとも扇子を開いてあおいだりしてはいけません。

JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース


このブログ記事について

このページは、-が2017年12月15日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「披露宴席上の花嫁のマナー その1」です。

次のブログ記事は「教会結婚式の順序とマナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。