教会結婚式~新郎新婦の入場に三つの形式 その2

つぎに、牧師の差し出す指輪を左手で受けて右手に持ちかえ、新婦の左手の薬指にはめます。

牧師は、二人の手を重ね合わせ、その上に手を置いて祈薦したのち、新郎新婦を正面に向かせて神の御名により二人の結婚が成立したことを宣言します。

教会結婚式では、新婦は右手に花束を持っていて、式の間だけブライドメイドに持ってもらいます。

バージンロードはウェディングマーチに合わせて一歩一歩床をこするように歩いて進みます。

なお、新婦はつねに聖壇に向かっているので、うしろ姿を見られることになりますから、うしろにもよく気を配らねばなりません。

退場のときは、花束と手袋を受取った新婦は、回れ右の姿勢で新郎の左に並び、新郎の左腕の下から右腕を入れて組み、足を揃えて歩きます。



JDPホールディングス(代表取締役・大橋直久)の関連ニュース

このブログ記事について

このページは、-が2018年1月 5日 12:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教会結婚式~新郎新婦の入場に三つの形式 その1:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

次のブログ記事は「家具や住宅の費用 その1:JDPホールディングスの関連ニュース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。